ブックメーカーをオリジナリティで比較

ブックメーカーの独自のオリジナリティを示す指標です。

 

それぞれ比較してみましょう!

 

ウィリアムヒル

 

ウィリアムヒルは日本語化されているので、ベッティングもストレスなく賭けることができます。

 

ウィリアムヒルのオリジナリティは何といっても、エコペイズからキャッシュバックを受け取ることができるということ。

 


ウィリアムヒルの入金方法

 

 

海外のチーム名も日本語化

 

賭けたい試合(選手)を探すときもラクラク検索。

簡単に表示されます。

 

使いやすさは良好です。

 

ピナクルスポーツ

ピナクルスポーツは完全日本語化対応はされていないですが、フューチャービューなど独自の賭け方を採用しています。

 

ボーナスなどはありませんが、マックスベットの上限なしやアービトラージ許容などおオリジナリティはあります。

 

マックスベットが高く規制も緩いため投資として使うのには一番もってこいのブックメーカーです。

 

額の変更があったかどうかに関わらず、一定の時間が経過したら、最大賭け金まで再度賭けることができます。

 

 

投資として使うブックメーカーには欠かせないですね。

 

bet365

業界NO1のブックメーカーbet365、そのオリジナリティは高いです。

 

何といってもストリーミング映像が見れること!試合数も多く、1,001倍のオッズも多いです。

 

 

独自のオッズも採用しておりオリジナリティは高いです。

 

ただし、マックスベットの規制などがあるので注意が必要です。

 

10Bet

10Betには、とくにこれといった特徴はありません。

 

オリジナリティという意味では日本語化されているブックメーカーと比較すると見劣りしてしまうかもしれません。

けれども、サイトの色使いは青色と黒を基調としているので高級感があります。

 

188bet

10BETは完全日本語対応ではありません。完全日本語化されているブックメーカーと比較すると見劣りしてしまうかもしれません。

画面右サイドバーにある、実況中継は面白いです。

 

 

NetBet

10Betは完全日本語対応ではありません。現段階では日本のリーグも英語表記なので完全日本語化されているブックメーカーと比較すると見劣りしてしまうかもしれません。

画面も黒が基調です。そしてサイトが重いのです。画面がなかなか切り替わらないのは少しストレスを感じます。