日本で人気の安全なブックメーカーを徹底比較!

ブックメーカーの違法性について

日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て違法とされます。

 

 

実際に配当金は支払わないが、賞品を出していた高校野球を賭けの対象とした「野球賭博」や「相撲賭博」などで処罰された例もある。

 

 

では、海外にあるブックメーカーを日本で利用する場合はどうなのか?

 

 

ここで重要になってくるのが、ブックメーカーが海外にあるという点です。

 

 

海外という点で、まず考えたいのが日本人が海外で賭博をする事は違法ではないという事です。

 

 

例えばラスベガスやマカオなどで賭博を行う行為、これは海外の法律が適用されるため罪には問われません。

 

 

海外という点で、まず考えたいのが日本人が海外で賭博をする事は違法ではないという事です。

 

 

例えばラスベガスやマカオなどで賭博を行う行為、これは海外の法律が適用されるため罪には問われません。

 

 

では、日本でブックメーカーを利用する場合はどうなるかというと、これは白でも黒でもなく、グレーだと言えます。

 

 

海外ブックメーカーを日本から参加するのは合法かどうか

これについては、以下のリンクで詳細が語られています。

 

「海外ブックメーカー」に日本から参加できる?
(弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース

 

リンク先でも確認できるように賭博罪にくわしい津田岳宏弁護士の見解では、

 

「自宅でこっそり参加する分には、公然性は皆無です。
ブックメーカーが違法かどうかも明確でないので、
いきなり逮捕される可能性はほぼゼロといっていいでしょう」
と述べています。

 

日本の国家資格を持った法律の専門家で、なおかつ賭博罪に詳しい弁護士が意見を述べているというのは非常に影響が大きいでしょう。

 

 

現在でも「ブックメーカーを日本で行うのはグレーゾーン」と言われていますが、プレーしていても逮捕される可能性は限りなくゼロに近いと言い切れますので日本で海外ブックメーカーを格段と利用しやすくなったと言えるでしょう。

 

 

ただし、日本国内にいる人がネットカフェなどで取りまとめて、場代を取ったり、勝ち分を現金で渡すなど、事実上胴元の役割を果たしているようなケースなら、その『胴元役』は賭博開張図利罪で処罰され、参加した『客』も逮捕・処罰されます。

 

 

海外のサッカーくじと日本のサッカーくじのサッカーくじの比較