ブックメーカーを使いやすさで比較!

ブックメーカーを利便性(使いやすさ)で比較

賭け方のわかりやすさやベットの手軽さを示す指標です。

 

それぞれ比較してみましょう!

 

ウィリアムヒル

ウィリアムヒルは日本語化されているので、ベッティングもストレスなく賭けることができます。

 

海外のチーム名も日本語化

 

賭けたい試合(選手)を探すときもラクラク検索。

簡単に表示されます。

 

 

ピナクルスポーツ

ピナクルスポーツは完全日本語化対応はされていません。

ちょっとみずらいです・・・

自分が賭けている試合(ベットリスト)が簡単に見れるのは使いやすいです。

 

 

SBOBET

SBOBETはウィリアムヒル同様に日本語化されていますので、日本人にとってストレスなく賭けることができます。

青と白を基調としているので、さっぱりしてて見やすいです。

検索窓があってピンポイントで試合を見つけることはできませんが賭けたいリーグもすぐに探し出せます。

 

36BOL

36BOLは、ほぼ日本語化されていますので、ストレスなく賭けることができます。

ひとつの画面で、アジアンハンディキャップ、オーバー/アンダー 1×2がみれるので便利ですが、ライブベットは数字が変化するので目がチカチカしてつかれます・・・

36BOLのサイドバーは賭けの種類ごとにわかれています。

 

M88ブックメーカー

M88ブックメーカーも同様に日本語化されていますので、ストレスなく賭けることができます。

36BOLと同じ会社なので表示形式もひとつの画面で、アジアンハンディキャップ、オーバー/アンダー 1×2がみれるので便利です。

サイドバーで賭けの種類を選択できます。

 

10Bet

10Betは完全日本語対応ではありません。現段階では日本のリーグも英語表記なので完全日本語化されているブックメーカーと比較すると見劣りしてしまうかもしれません。

けれども、サイトの色使いは青色と黒を基調としているので高級感があります。完全日本語化に期待したいです。

 

188BET

10BETは完全日本語対応ではありません。完全日本語化されているブックメーカーと比較すると見劣りしてしまうかもしれません。

画面右サイドバーにある、実況中継は面白いです。

 

 

NetBet

10Betは完全日本語対応ではありません。現段階では日本のリーグも英語表記なので完全日本語化されているブックメーカーと比較すると見劣りしてしまうかもしれません。

画面も黒が基調です。そしてサイトが重いのです。画面がなかなか切り替わらないのは少しストレスを感じます。